• ホーム
  • 経口避妊薬の服用を中止する場合の注意点

経口避妊薬の服用を中止する場合の注意点

「ピル」という略称で知られている経口避妊薬は、計画的に服用するだけで避妊の効果が確実にあらわれ、しかもコンドームなどとは違って、女性のほうが主体的にかかわることができるという点でもメリットが大きいものです。
こうした経口避妊薬にはさまざまなタイプがありますが、一般には28錠入り、または21錠入りでひとつのパッケージになっており、錠剤を順番に毎日1つずつ飲むだけでよいということになっています。
ただし、この28錠という数字は、女性の生理の標準的な周期を意識したものですので、21錠入りの場合については、28錠入りのように、毎日1錠ずつ飲むという使用方法に例外があります。
21錠入りも最初は28錠入りのものと同じように1日あたり1錠を服用すればよいのですが、最後の7日間については、服薬を中止してなにも飲まずにおき、この期間がすぎれば、また新しいパッケージを最初から服用しはじめるというかたちになります。そこで、特に新しいパッケージへの切り替えのときに、飲み忘れなどがけっしてないように注意が必要となります。
そのほか、これまで経口避妊薬を服用して避妊につとめていたものの、ふたたび赤ちゃんが欲しくなった場合には、以後は経口避妊薬の服用を中止することで、赤ちゃんを授かることができるようになります。
その際には、服用中止からしばらくは、頭痛や下腹部痛などの身体的な違和感が生じる可能性があります。
経口避妊薬をはじめて服用したときにも同様の症状があったかとは思いますが、実は経口避妊薬の服用を中止した場合にも、体内でのホルモンバランスが急激に変化してしまうため、その変化のあおりでこうした違和感が生じることがあるのです。このような違和感はホルモンバランスが正常化するにしたがって自然と解消されますので、それほど心配をする必要はありません。